設立の趣旨

 

株式会社 丸 高 は昭和21年に創業、以来50年間信頼を大切に、建設業を通じ地元の発展を考え取り組んでまいりました。創業50周年を迎え、地域文化の向上に更なる貢献を致したいと考え、この度財団法人「丸高歴史文化財団」の設立をいたしました。
近年日本国内に於ける遺跡の発掘は三内丸山遺跡など、私達の既成概念を大きく覆す発見の連続であります。その生活の充実ぶりは驚きさえおぼえます。山形県内においても遊佐町の小山崎遺跡などは三千年の遺跡が眠っているとみられております。舟形町の西の前遺跡より出土した土偶はその均整のとれた形とすぐれた美感覚は祖先に対する誇りを覚えます。
この様な歴史の調査・研究に取り組んでいる方々や、各地に残っている是非後世に残したい伝統工芸の継承に携わっている方々、又貴重な伝統芸能の保存に頑張っている方々に、資金援助することにより、勇気づけ、光をあて、もって地域文化の向上発展に寄与することを目的として設立するものであります。

            平成8年11月吉日
                        財団法人 丸高歴史文化財団
                             理事長 高 橋 幸 雄

 

財団の概要

 概要

  設立年月日  平成 9年 3月 5日 丸高歴史文化財団設立

  主務官庁    山形県教育庁

  基本財産    5千6百万円

 

 目的

  山形県内において、歴史の調査研究を行っている団体若しくは個人、又は伝統文化の継承発展

 に寄与している団体若しくは個人を支援し、もって山形県の文化の向上に寄与する事を目的とする

 

 事務局

  〒998−0012

  山形県酒田市下安町41番地の1 (株式会社 丸高 内)

  一般財団法人 丸高歴史文化財団

  TEL 0234-25-2011  FAX 0234-26-4629