1.歴史に関する調査研究に対する助成及び顕彰

2.伝統芸能の保存に対する助成及び顕彰

3.伝統工芸の維持発展に対する助成及び顕彰

4.その他目的を達成するために必要な事業

 

  ■過去の助成履歴

 

(二次募集)

 

 

   応募資格   次の事項に取り組んでいる個人または団体

          1.歴史に関する調査、研究

          2.伝統芸能の保存

          3.伝統工芸の維持発展

          4.その他財団の目的を達成するに評価できる事項

 

  (財団の目的) 当財団は、山形県内において、歴史の調査研究を行っている個人

          若しくは団体、又は伝統文化の継承発展に寄与している個人若しく

          は団体を支援し、もって山形県の文化の向上に寄与することを目的

          とする

 

   助成金額   一対象    100,000円 200,000円
            ※若干数 

   募集方法   山形県教育委員会を通じ山形県内より広く募集いたします

 

   申込方法   山形県内の各市町村教育委員会を通じ申込を受付いたします

            (各教育委員会は、県教育庁 文化財保護推進課へご提出下さい)

 

   提出書類   応募申込書(所定用紙----各市町村教育委員会、当事務局にあります)

             活動の参考資料を添付してください。団体の場合は、収支報告書の添付

            を必要とします。

            申込用紙は、http://kanren.marutaka-miraiya.com/zaidan2/

            からも印刷出来ます

   

   応募締切 

            平成30年12月20日(山形 県教育庁文化財生涯学習課到着

           (提出された書類はお返し出来ません。ご了承お願いいたします)

 

   選考方法   申込のあった個人・団体より、当財団理事会において活動等

           の選考基準に鑑み決定させていただきます

 

   問い合わせ先    〒998-0012 酒田市下安町41番地の1(株式会社丸高 内)

                   一般財団法人 丸高歴史文化財団 事務局

                   п@0234−25−2011

 

申込み用紙のダウンロード

WORD        PDF

sinsei.doc       sinsei.pdf

 

 

助成及び顕彰対象者(団体)選定規定


1章 総 則

          第1条 この規定は一般財団法人丸高歴史文化財団の目的達成の為、助成

              及び顕彰事業について定める。

 

2章 選定基準

          第2条 各年度の事業計画に基づき次の項目に活躍している、又は今後

              取り組もうとしている山形県内の個人、団体を助成及び顕彰する。

                 (1)歴史に関する調査研究

                 (2)伝統芸能の保存

                 (3)伝統工芸の維持発展

                 (4)その他当財団の目的を達成するに評価できる事項

 

3章 選定方法

          第3条 選定対象は山形県内一円として広く一般公募し、申し込みの受

              付は次の通りとする。

                 (1)山形県教育委員会を通じ、各市町村の教育委員会から

                   推薦があったものを受け付ける。

                 (2)当財団事務局への直接申込も受け付ける。

 

          第4条 申込のあった個人(団体)を理事会に於いて選定基準に鑑み事

              業の内容、文化的価値、努力の度合等を考慮し選定する。

 

          第5条 選定の規模は毎年の事業計画に於いて決定する。

 

4章 助成及び顕彰

          第6条 助成及び顕彰は毎年1回行うものとする。

 

          第7条 本財団の活動をより社会に貢献できるものとする為広報活動を

              行う。